« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

最終日@Bishop Brown

無事に任地からの引き上げも終わり、現在首都のドミトリー生活。
事務所の公式な行事があった関係で、仲良しの隊員も多いドミトリー。
だけど、なんとなく、いつもと違う。心がふわふわしている。
帰る場所が無い・・・・そんな感じ。

とまぁ、最終日の話にもどりましょう。

最終日、以前から最後の日も、いつもと変わらない授業をして、いつもと変わらないでいようって決めてた。だから、朝も朝の会から始まるし、授業もいつもどおり始まるし、いつもと変わらないマミでいようと、そう思ってた。

月曜日、お決まりの全校集会。集会の最後に校長先生が私が日本に帰ることをみんなに言った。みんなの前で挨拶した。だけど、あまり実感わかない。本当に今日、ここを離れるのかな~・・・・っていう、なんともいえない不思議な気持ち。

全校集会が終わって、いつもどおり授業を始める。
朝の会でいつも歌う『おはようの歌』。歌ってたら、涙が早々に出てきてしまう・・・・。
毎日、私の名前を元気に呼んでくれてありがとう。

最後の音楽。
DSC_0347.jpg
リズムを教えるのに苦労したなぁ。だけど、結局は楽しいようにたたいてくれ!っていう感じになったんだっけね。音楽、短い時間だけどやるようになって、メリハリがついたね。次の課題への移行もスムースになったね。みんないい子になったね。楽しそうに毎日やってくれてありがとう。

最後の歯磨き。
DSC01359.jpg
ぐらぐらしている乳歯を、私が抜きました。毎日毎日、歯磨きするよって言うと、おちんちんおさえたね(笑)嫌なことやってごめんね。毎日、歯磨きのせいで泣いたね(笑)でも、歯がきれいになって、うがいして、顔洗ったら、毎日見違えるほど笑顔が素敵になったんだよ。

最後のライティングの時間。
DSC_0377_20120613034311.jpg   DSC_0391_20120613034310.jpg
上手く出来なくて、真面目に取り組まなくて、何回マミに怒られたんだろうね(笑)そのおかげもあって??、みんな自分の与えられた課題に、黙々と取り組めるようになったね。沢山褒めてあげられる部分ができたね。最後の花丸は、2年間ありがとうの花丸だよ。

最後の作業学習。
DSC_0416.jpg
大好きなイスマ。一緒に一つずつ、ステップアップしたね。やりたくないことだったかもしれないけど、前向きに取り組んでくれてありがとう。


最後の帰りの会。
「私は明日、学校に来ないよ。明日は私と勉強しないよ。じゃあ、誰と勉強するんだっけ?」って、子どもたちに聞いた。

私が居ない日は、P1のマダムクリスのところで一日を過ごすことになっていて、毎回こうやって聞くと子どもたちは決まって「マダム・クリス」って答える。
だから、この日も「マダム・クリス」って答えるって思ってた。

だけど、子どもたちは・・・・・
「マミー!!!!」って、元気良く答えてくれた。
ただの間違いなんだって、分かってる。だけど、このタイミングで、こんな元気に「マミー」って言われたら、どうしていいか分からないよ。我慢してた涙が、ぐわーーーーーってあふれ出てきた。

そして、みんなにプレゼント。
以前作っていたクラフトの売り上げで、家政隊員にお願いしてナップサックを作ってもらったのです。その中に、クラフトの売り上げで買った文具をつめて、2年間使い続けた教材を入れて、一人ひとりに手渡ししました。
DSC01374.jpg   DSC01379.jpg

さえちゃん、かわいいナップサックをありがとう。

みんなで最後の記念撮影。
DSC01384.jpg

2年間、沢山叱ったね。
2年間、沢山笑ったね。
2年間、本当に、沢山の出来事があったね。

2年間、いっぱいいっぱいありがとう。
みんなのことが、大好きです。今までも、これからも。ずっとずっと。
忘れないよ、ずっとずっと。
スポンサーサイト
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.06.12(Tue) 22:53

授業あれこれ

最後の金曜日が終わってしまった。
最後の1週間、いつもと変わらない毎日で、本当に来週は授業しないのだろうか?と、実感がわかないのです。
でも、やっぱり節々で涙が出てきてしまいそうになるのは、少しずつ、日本へ帰ることを実感し始めているのかもしれないね。

さて、授業してますよ、まだ!
ということで、授業の写真アップします。

フランシス。コレはライティングの授業の時間。
DSC_0297_20120609034047.jpg   DSC01312.jpg

1年半前、私の元へやってきたとき、彼はものの分類、色と形でものを判別して分類することすらできなかった。それが、少しずつ少しずつ、ステップアップして、1年半たった今、彼は前にあるアルファベットを見ながら、自分のノートに模写できるようになったのです。
彼がこの1年半で身に付けた力、是非失わないでほしい。彼を見ていて、やっぱり思う。幼少期のスタートがとても大切で、沢山吸収できる年齢を逃してはいけない。彼の成長を間近で見られて、一緒に成長できて、本当に幸せだと思ってる。

これは、マダムまみに叱られて、本気で「ごめんなさいぃぃぃ」中のハリエット。笑
DSC_0304.jpg

これは、イスマの麻痺のある左手、特に指に力をいれる練習として取り入れた洗濯物干しごっこ。ずるして楽な右手を使っちゃうから、右の袖に洗濯ばさみをつけて、そこから一つずつはずすっていう肯定を考えてみた。
DSC_0295.jpg

今まで意識してなかった体の部分を動かすと、自分のボディイメージにも繋がるし、そこから動かすために必要な筋肉も脳も少しは活性化されていくよね。使わなかったら、やっぱりそのままだし。

こんなふうに、私の教室では子どもたちは自分の席に座っています。
朝のライティングの時間。      昼前の作業学習の時間。
DSC01339.jpg    DSC01346.jpg

自分の名前が机に張ってあって、座る場所が決まってるの。
毎朝の名前カードと机の名前で、2年間も見てきたから、自分の分も友達の分も、子どもたちは覚えられたね。
何にびっくりって、いつの間にかハリエットがみんなの名前を識別できるようになってたこと。一枚一枚、フラッシュカードみたいにして見せたら全員の名前が言えるようになってた。






とまぁ、こんなふうに授業するのも、月曜日が最後なわけで・・・・・。

写真を撮っても撮っても、足りないような気もするし、同じような写真が沢山並んでしまって、もういらないのかもしれない・・・って思ったりする。
でも、撮らずにはいられないのは、ここを離れた後、見返して、ここでの毎日を思い出すきっかけがほしいから。なのかも。写真に残っていれば、その一瞬は覚えていられるから。かもね。
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.06.08(Fri) 21:47

ふぇあうぇるぱーてぃ@Bishop Brown

今日、配属先の学校で、フェアウェルパーティをしてくれました。
DSC01323.jpg

タームの始まりに、校長先生がやりますよ~って公言していてくれてて、その時、「おまり大袈裟にしないでほしい。みんなの気持ちはとても嬉しいけれど、大きければ大きいほど、ここを離れるのが辛くなるし、泣いてしまうから・・・」ってマダムにお願いしておいた。
だから、いつもより豪華なランチをスタッフのみんなで食べて、校長先生、教頭先生、私から軽いスピーチ、という簡単なもの。

DSC01324.jpg     DSC01325.jpg
やわらかいチキンのトマト煮と、大好きなGナッツソースにマトケ~☆

始まる前、同僚の先生でハリエットの叔母さんから、プレゼントをいただきました。
それから、P1のいつもお世話になっているマダムからもハンカチをいただきました。

教頭先生のスピーチを聞いていたら涙がやっぱり出てきて、とっさにマダムがくれたハンカチを渡してくれた。笑
ナイスなチョイスのプレゼント。笑

とりあえず、みんなに同期でブルキナファソからのふりかえのせいちゃんが作ってくれたボールペンと写真を渡したら、すっごく喜んでくれて。よく知らないけど、今週から突然先生の数が増えて、ぜんぜんお世話になっていない先生(4人も!!)にもボールペンを配らなければならなくなって・・・・まぁ、いいんだけど、安くもないし、なんだか納得いかない・・・・・笑


教頭先生が、障害のある子どもたちにどういう教育をしていいかわからない、今の現状では、ウガンダでは難しい、だから日本人のボランティアが必要なんだって、言ってた。全く持ってそうだと思う。どうにかしたいけど、どうにもできないんだよね。今見ている子どもたち以外でも、障害のある子どもたちの親御さんはお願いしにくるし、断らざるを得ない状況に頭を抱えてるって。

私一人がもがいても仕方が無い、もっともっと根っこのところで大きな問題があるんだよ。だから、一言で、一緒に教室運営をしてくれる先生がいないっていうこと、配属先が悪いんだって攻めることなんて、出来ない。こうやって、悩んでいること自体、私はすごいことだと思う。そして、そういう子どもたちを少なからず受け入れていること自体が、実は凄いことなのかもしれないよね。

私がいなくなって、どうしようか、もっと頭を抱えて、悩んでほしい。
そして、近い将来、ウガンダの特別支援教育が、大きく変わっていくことを願うばかり。


会が終わった後、たまたま、ウガンダの赤十字が学校に来て、マンゴーの木を寄付していきました。
一本一本名前が付くようで、植えたその人が名付け親になるのだそう。
ということで、私も一本植えさせてもらったのです!運がいいね!!
そして、「マミの木」と名づけられました。

DSC01331.jpg

私の木のそばには、教頭先生の木が植えられています。

手前が私の木。奥が大好きな教頭先生の木。
DSC01334.jpg

マミがいなくても、私のそばにあれば私が守るわよ!
絶対からせないからね!って。涙がでます。
この木がすくすく育って、大きくなった頃、またウガンダに来たい。そう思う。


そして、今日の最後、家にある色々なものの処理について教頭先生に提案。
そうしたら・・・・
教頭先生、「月曜日なんてまだ先なような気がするのに・・・・・」って、泣いてくれた。
フェアエルが始まる前、「泣いたらダメよ!人が亡くなった時にしかウガンダの人は泣かないんだから!」って、私に言い聞かせてたのに、そんな教頭先生が泣いてくれた。もう、泣き虫の私が泣かない訳無いじゃんね。笑

本当に、帰るんだなぁ、日本に。
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.06.07(Thu) 20:05

小さな大きい変化。

小さな変化に気が付ける人でいたい。
その変化や成長を見逃さないでいられる人でいたい。
どんなに小さくても、大きな一歩だと、私は思うのです。


ということで、小さな小さな、だけど大きな変化をご紹介。


       before       →      after
DSC_0422_20120529014816.jpg DSC_0004.jpg


何が違うか分かります??
2週間前、彼女の干した洗濯物は、あっちこっち向いちゃってる。
今日、彼女が干した洗濯物は、上下も裏表もぜーんぶがちゃんとぶらさがってる。

以前、アルファベットをはじめ、ものの上下左右が理解できていなかった彼女。
本ものーとも、さかさまに置いちゃう。マッチングしてても、カードをさかさまに置く。
色んなものの空間認知を苦手としてたんだよね。
専門的なことになると詳しく説明できないのだけれど・・・・。

だけど、今日の彼女を見たら、そこに何か変化が見えたのかもしれないって思えて、自分がやってきたこと、彼女の成長に少しは役に立ってるのかなーって思えた。

これが、何の役に立つんだよ???!って言われると、これまた上手く説明できないけど・・・・・もしモノの上下左右が分かったら、洋服の裏返しや靴の左右が分かるようになるから、生活に直結していくと思う。

あぁ、専門的に説明できません、勉強不足ですね。すみません。




今日の一枚。というか二枚。
いつもみんなのご飯を作ってくれてるキッチンのニャボさん。
二人ともとっても良い人!大好き☆
DSC01268.jpg

子どもたちがバッタ相撲?してた!!
DSC_0001.jpg
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.28(Mon) 20:02

結局

前回、前々回の日記といい、かなーりネガティブでありましたね。
すいません、楽しいはずのアフリカ生活。
でも、こんなふうに苦しんで悩んでモヤモヤと過ごすこともあるんです。
何事も楽しいだけじゃない、人生色々ですね、本当に。


で、結局、もう悩むのやめました。
悩んだところで、何も変わりません。うだうだネガティブになって、自分の2年間を否定することはしたくありません。自分がやってきたことに胸は張りたい。そう思うのです。

「状況的に無理だった」っていう言い訳とも逃げとも取れることに、胸を張ってしまうのは如何なものかと自分でも思うけど、2年前自問自答しながら自分でした判断だし、私はそうせざるを得ないって思ったんだもの。反省すべき所、自分の力不足、努力不足、全部認める。

だから、大きな声で言います。

そんな状況の要請を出したのは事務所です。
そこに甘んじて、努力をしなかったのは、自分です。

昨日、泣きながら、最終報告書を書きました。ずいぶんと辛口で書きました。
自分に対しても、事務所に対しても。
最終的に完成したら、後日このブログにも載せようと思ってる。

2年前、終わりはこうなるだろうって思ってた。やってきたことに後悔は無い。
だけど、お父さんっていう当事者からの核心をつくことを言われたことで、2年の間、思い続けてきたことの重さを痛感して、とても苦しかったんだと思う。

自問自答し続けたけど、答えなんて、出せません。
これが良かったのか、良くなかったのか、わかりません。
でも、自分のできる精一杯の活動をしたと、今は胸を張りたい。

友達がいってくれました。
「これは、親御さんがまみちゃんのやってきたことに感謝してくれたってこと」
「無駄なことなんて、世の中に絶対何も無い」

そうだといいな!

DSC_0066_20120525014618.jpg    DSC_0068.jpg
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.24(Thu) 20:06
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
3641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
61位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。