« 2011 . 03 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

東北太平洋沖地震

4日前、事務所の調整員かsmsが送られて、東北関東で地震があったことを知った。
そのsmsを見たのはちょうどブレイクの時間で、ブレイクの間、急いで母親の携帯に電話を入れた。だけど繋がらず、繋がっても電話に母親はでず。家の電話も繋がるけどすぐ切れてしまう。そんな状態で、どれくらいの規模の地震なのかも分からず、時間だけが過ぎていった。

11日はカンパラに上がる予定だったから、授業が終わった後すぐに出発をしてバスに乗り込んだ。バスでカンパラに向かう道中、ウガンダのローカルラジオ(そのニュースは英語だったのだけど)で日本の地震のニュースが流れた。ウガンダのローカルラジオで流れるっていことが、地震の大きさを物語ってるっていうこと。何も情報が無くて、不安が募る一方だった。

ドミトリーについて、先輩隊員がネットで見れるNHKのニュースを見せてくれて、そのすごさを知った。
11日の夜は、夜中までそのニュースを見てて寝れなかった。地震予想速報の音が流れるたびに、心配になっていてもたってもいられなくなった。

昨日(13日)まで、ずっとドミトリーで友達や先輩と一緒にいたから、気持ちもまぎれて時間を過ごすことができたけど、カユンガに帰ってきて、一人で家でBBCのニュースで日本の地震のニュースを聞いたら、涙が止まらない。どんなに家族が無事、大好きな友達も無事っていうことが分かっても、日本の現状や大変さ、壮絶さを、日本にいる大切な人に寄り添っていられない自分がはがゆくて、切なくて、今自分は何をしたらいいかわからなくなる。


協力隊の友達がmixiの日記で書いてた。

こんなときだからこそ、いつもより襟をたてて仕事をする。

ぐじぐじしていても何もできない。
だったら、目の前にある仕事に一生懸命になる。
そう思えた。
スポンサーサイト
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.03.14(Mon) 18:18
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
4422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
75位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。