« 2011 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

任地の話

1週間ぶりに任地に帰ってきました。
本当は一昨日帰ってくる予定だったんだけど、一昨日は先輩の家(隣の隣の隣くらいの町に住んでる大好きな先輩)にお泊りして、昨日の夕方再び心が折れて、先輩の家に泊まってきた・・・。

しばらく友達と一緒にいたり、ドミで日本語に囲まれて仕事ができたりすると、任地に戻る足が重たくなってしまう。前はドミが大っ嫌いで、早く家に帰りたいーーって思うことが多かったのに、今となってはドミが大好きな自分です。
今のこんな気持ちに至るまでの過程は自分でも分かってるから、前みたいに絶対任地にいなきゃいけないっていう考えは改めて、自分の心が落ち着ける適切な場所をさがそうって思った。


でも、今日帰ってきたら、大事に育てた大根が立派に育ってて、12本くらい育ってくれたから、近所の大好きな先生たちにおすそ分け。
大根は先生たちあんまり好きじゃないって他の隊員からも聞いてるから、あんまり好評じゃないんだろうなって思うんだけど、日本の味を試してもらいたい!きっと大根は、根っこの部分より葉っぱがウガンダ人は好きだろうなーと。

そんな大根配りのやり取りの中、先生たちが笑顔で迎えてくれて、特に隣のおばちゃんにいたっては、本当に嬉しそうに迎えてくれて、元気いっぱいになった。何を億劫で任地に帰って来れなかったのかがよく分からない・・・って正直感じるくらい。

あー、ここって私の居場所なんだなーって感じさせてくれる、となりのおばちゃんに感謝してる。
それに、隣のおばちゃんは私がどこかへ遊びに行って長いこといなくなることへ理解もしめしてくれる。「友達に会いたいよね」「カンパラは色々なものが新しいし、行きたくなる気持ちもわかるよ」って。その言葉がどんなに私にとってありがたかったか。

隊員の中でも、任地を長らく離れることに対する後ろめたさを感じる人も少なくない。私もそんな一人だった。途中で、任地にこもっていても気持ちが荒んでイライラが募ってどうしようもなくなるのが分かったから、割り切って任地を離れることも多くなった。

そんな状態でも、今日みたいに「おかえりー」って出迎えてくれる先生がいたら、やっぱり嬉しいし、またがんばれる。


とはいうものの、明日からまたしばらく家を離れます・・・・。
スポンサーサイト
毎日@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.05.03(Tue) 14:54
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
2450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
34位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。