« 2012 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

感じること、色々。

早いもので、帰国してもうすぐ1週間。
どんどん体も心も日本人になっている(ような気がする)。
そんな中、感じることが日々、色々。

おぉ、すごい!って思う一方で、すごく不自然なことも沢山。



例えば、夜23時の新宿界隈。
人が多すぎる。明るすぎる。
みんな、こんな時間にのんびりと外を出歩いて、何をしているの?

勿論、私も何してる?っていう人の一人だったんだけど、ウガンダだったら、23時なんて出歩けない。出歩けても、door to doorのタクシー移動。街中を一人で歩いたり、マタツにのったり、自殺行為。もし誰かと一緒にいたいなら、場所は自宅か友人宅かドミトリー。

日本って、誰かと会う場所が、誰かと語り合う場所が、誰かと何かする場所が、誰かの家じゃないんだな・・・って思った。そして、少なからず人の安全や安心が当然で、自己防衛する心構えが極めて低い・・・・って思った。


例えば、ATMでお金をおろすとき。
今まで、お腹に隠してた全てのカード。日本で2年ぶりのATM、勿論、財布をお腹からとろうとしましたよ。


例えば、電車の中。
ベビーカー多すぎ。こーんなに大きな子も、ベビーカーに乗っている。そして、ママさんたちが一人一台のベビーカーを引き連れて普通に電車にのっている。荷物が多くて、子どもが重たくて、移動が大変なのはわかるけど、そんなにベビーカーって便利?子どもを抱っこして動いたほうが、ずっとずっと楽なんじゃ・・・・と思ってしまう。
ウガンダの子どもたちは、ベビーカーなんて無しで生きている。


例えば、バスの中。
時間通り、時刻表どおりに来るバス。だけど、どうして、二人がけの席、一人でつかってるの?


例えば、お店のレジ。
全てが機械的。言葉も、笑顔も、目線も。どこを見て、誰に「ありがとう」って言ってるんだろう。質やサービスが優れていて、食べ物も、売っているものもパーフェクトに近い。だけど、なぜか心が寂しくなるような、そんな感じ。


とまぁ、なんとなく違和感を感じていることが多いけど、なんとなく共通している違和感は、「誰かのことを考える」っていう気持ちが欠けてるってことなんじゃないのかなって思った。
誰かのことを考えたら、ベビーカー3台が電車に乗ってきたら邪魔だし、二人がけの席はもう一人掛けるべきだし、目を見て「ありがとう」って笑って言ったほうが気持ちが伝わるし・・・・って、分かる。少なくとも私は。

こうしたら、どうなる。
ああしたら、こうなる。

そういう気持ちや心構え、2年間で得たものなのかもしれない。
相手のことを考えながら、先を見据えながら、そういう物事の考え方は、忘れずにいたいと思う。


そして。
日本は、虫がすくない。
クモの巣がない。ヤモリがいない。ゴキブリも見ない。コバエもいない。
すばらしい。
スポンサーサイト
帰国後@Japan | CM(0) | TB(2) 2012.06.28(Thu) 10:41
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
5322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
86位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。