« 2012 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

5号(最終)報告書

最終の報告書をブログに載せたいと思います。
2年間の自問自答に答えが出せず、日本へお持ち帰りです。

少しでも私の最後の葛藤が外の皆さんに伝われば・・・・と思って、ここに載せることにしました。最後のターム、フランシスのお父さんに言われた言葉は、今でも私の胸をグサッと一突きしたままです。それをどうにかこうにか、隊員以外の人に知ってもらいたいと思っています。

私に至らないところが沢山あったが故の結末なのです。
自業自得、自分の力不足なのです。
だけど、私がどうあがいてもどうしようもできない部分が根っこにはあって、隊員の努力では解決できないことがある・・・。

上手く伝わるかわかりませんが、もし、興味があれば、ご覧ください。




<活動結果>
 配属先であるナマガビビショップブラウン小学校の特別支援学級の運営に携わった。主に軽度から中度の知的障害、学習障害の子どもたち5~7人に対して、基本的な学習指導、作業学習指導、音楽、スクールガーデンの実施等の授業を展開してきた。
 ウガンダでは特別支援教育に対して依然として政策や法律が明確にされておらず、障害(とりわけ知的障害)のある子どもたちは適切な支援を受けられていない。そのような子どもたちに対して、2年間という限定的な時間であるが、学びの場を保障できたということに、私のボランティア活動に意味があったと考える。
 しかし、続かない自分の活動に意味があるのか、私自身も2年間自問自答し続けていた。任期終了間際、自身の帰国を子どもの親御さんに伝えた際、一人の父兄より「あなたの帰国後子どもたちはどうなるのか。子どもたちはまたドロップアウトしてしまう」と言われた。2年間子どもたちへ学びの場を提供できたこと、それに親御さんが感謝してくれたこと、子どもたちが健やかに育ったこととは別の次元で、続いていかない教育はゼロと同じ価値であると、この一件を通して痛感している。残念ながら、これが私の残した2年間の結果である。


<要請の妥当性>
 二代目ということもあり、配属先のボランティアの受入態勢は良いといえた。ボランティアがいるために、特別な支援が必要と思われる子どもを積極的に受け入れている印象もあった。特別支援教室の運営はボランティア一人に一任されていたため、自分のやりたいことに集中して取り組めた2年間であった。一緒に学級運営を行う同僚はいなかったが、先生の多くは私の活動に理解を示し、必要なときは助けてもらえた。
 (1)の活動結果にも記したように、限定的であるが2年という期間子どもたちへ教育保障が行えたという点で、この要請に意味はあったと思う。しかし、ウガンダ国内にまだ特別支援教育(特に知的障害に関して)を行う基盤が無い状況、また(それに起因していると思われるが)学級運営がボランティアに一任されていたという状況から、この要請が本当に妥当であったかどうか、ボランティアには判断しかねる。ただし、(1)の末尾のように、親御さんや子どもたちに対して、私の2年間の活動は非常に中途半端で無責任極まりないこと、続かない教育はゼロに等しいと感じていることを強く記しておきたい。


<活動結果の配属先による活用の見込みと今後の配属先への支援の必要性>
 私の帰国後、配属先で特別支援教室が機能する見込みは薄い。というのも、2年前の赴任時(さかのぼれば前任時)から特別支援教室をウガンダ人で運営する体制が整っておらず、ボランティアの存在に特別支援教室の運営自体が一任されていたからである。また、配属先は1200人を越える生徒に対し教員数は15人。特別支援教育はもとより通常学級を担当する教師の数ですら足りていない。私自身に配属先を巻き込む力と努力が足りなかったのは否めないが、配属先の状況を見れば、同僚を巻き込んで学級運営を行うことは難しかったと感じる。
 特別な支援が必要な子どもたちの教育保障を第一に考えるのであれば、今後も配属先への支援は絶対に必要である。ボランティア帰国後、特別支援学級の子どもたちが通常クラスへ適応できないことは明白である。ウガンダが国として特別支援教育へ取り組むまでは、前任時から続いている(100%マンパワーという)状況に変化が生じることはないと思われる。JICAが何を目的に特別支援教育分野にボランティアを派遣するのか、その目的次第で今後の支援のあり方や必要性は決まると考える。(1)および(2)にも記したが、続かない教育はゼロに等しいことを踏まえたうえで、今後の特別支援教育分野への支援を考えて、判断していただきたい。


<ボランティア経験について>
 この2年間の経験は私にとってとても有意義であり、これまでもきっとこれからも経験することのできない程の濃い時間であったと思う。日本で生活しているだけ、また、旅行で海外へ行くだけでは知ることのできないことが沢山経験できたと思っている。
 また、この2年間は、自分の今までを振り返り、これからの自分の人生を見つめ直すきっかけとなり、私にとって大きな節目であったと思う。今までの自分の人生では絶対に交わることが無かったであろう沢山の人との出会いがあり、色々な人に支えられ、これからも大切にしたいと思う人に囲まれていた2年間だった。
 このような貴重な経験を積めたことに対し、多くの人に感謝している。家族をはじめ、日本で待っていてくれる人たち、訓練所でであった多くの仲間、ウガンダで切磋琢磨した隊員たち、事務所の職員の方々、ウガンダで私の毎日を支えてくれていたウガンダの人たち、多くの人に囲まれ、無事に2年の活動を終えることができたと思っている。この感謝の気持ちを忘れず、ウガンダのことや協力隊のことを、多くの人に伝えていきたい。


<帰国後ボランティア経験を社会に還元または発信するための方法と計画>
 帰国後、2年間の活動を発表する機会に恵まれるのならば、積極的に参加していきたいと思う。大学時代、教育学部に在籍していたこともあり、現在教員を仕事にしている友人も多く、教育の場を利用してアフリカのことや協力隊のことを発信していけたらよいとも思っている。
 また、個人的に写真撮影が好きだったということもあり、2年間撮ってきた写真をどこかで展示し、日本の人たちにウガンダの景色や人たちのことを見てもらいたいとも思っている。
 しかし、特別な場を設けずとも、まずは自分の周りにいる人たちへ、自分の2年間がどのようなものだったかを伝え、理解してもらい、広い視野を持ってもらうことからはじめたいと思う。
スポンサーサイト
その他@Uganda | CM(4) | TB(0) 2012.06.13(Wed) 11:05
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
3152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
54位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。