« 2017 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

Happy Birthday!!!

あれから。

前回の日記では、心配かけてしまいました。
色々と励ましのメールやら、電話やら、コメントやら、本当にありがとうございました。もう日本へ帰りたい病にかかって、夜寝るときに目が覚めたら、日本の自分のベットだったらいいのに・・・・と願いながら寝る日々が続いていたけど、今は家族からのメールや、同期のみんなと先輩隊員の励ましや、他の国の仲良し隊員仲間や、美味しい食べ物で、少しずつ立ち直り始めています。




先週末、同期さっちゃんの誕生日会をさっちゃんが学校で大々的に企画してて、そこにおじゃましてきた。さっちゃんもまた、生徒たちと関係が素敵な感じがして。
隣の芝が青く見えるだけなのは分かっているけれど、小規模学校の強みと、プライベートとの境を割り切ってるさっちゃんの大胆さとか、そういうのが活動をよくしてるんじゃないかなーって思った。

生徒との距離も近いし、生徒に慕われてるし、先生とも仲良し。

さっちゃんの人柄も明るくて素敵だから、そういう雰囲気の人の周りははそういう環境に変わっていくんだよね。

自分に今必要なもので、大切なものを目にできた気がする。




そんな中、さっちゃんの学校は視覚障害児だけの学校。
インクルーシブ教育が進むウガンダ。

自分の学校の状態と比べて、色々思うところがあったよ。

ウガンダの障害児教育、まだまだ課題がいっぱいだなって心から思った。
私の個人的な見解は、まだインクルーシブ教育を進めていく段階ではないってことかな。私の配属先みたいな大きな学校で、障害のある子の教育を保障していくなんて、まだまだ難しい。先生たちの正しい理解や知識、方向性も土台も何も無い学校で、どうやって障害のある子たちを受け入れていくんだろうって思う。

さっちゃんの学校のブラインドの子たちを見てて、私の生徒たちよりもうんと生きやすそうだったし、活き活きしてる気がした。
ウガンダの教育事情をまだ全部理解してるわけではないけれど、一クラス70人の中に、障害のある子たちが入って、楽しいわけがない。先生が見切れるわけがない。放って置かれてしまうのも、分からなくも無い。

永遠にP1の私の生徒たちの状況を見ても分かるとおり、障害のある子がどんな段階を踏んで教育現場で育っていくのか、そういうことが確立してない状況で、インクルーシブ教育なんて進んでいくわけが無い。と、個人的には感じてる。



とまぁ、硬い話はここまで。

さっちゃん、本当に楽しい会に呼んでくれてありがとう!!
沢山話聞いてくれて、ありがとう!!
スポンサーサイト
毎日@Uganda | CM(0) | TB(0) 2010.11.01(Mon) 22:03
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
10位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。