« 2017 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

切ないです。

今日、Francisnのお父さんが来て、少しお話をした。

子どもたちの親御さんに、どうにかして私が来月帰ることを伝えねば・・・・と思っていたところだったし、面と向かってお話できるチャンスが出来て嬉しかった。そして、「来月帰ります。」って、伝えたよ。

お父さん、絶句。
少しして、「It's too bad....bad.....really bad...」と。

お父さん、自分の子どもがちゃんと学校で受け入れられたのが、初めてだったんじゃないかな。初めの頃は、毎日毎日自分で子どもの送り迎えをして、たまに様子を見に来て、私に卵をおすそ分けしてくれたり。。。。
最初はこのお父さん、アルコール中毒なんじゃないかって思ってたけど、お父さんはお父さんなりに、絶対どうにかしようと思っていたと思う。Francisが来たばかりの頃は、本当に手がかかって、正直「くそー!」って思うようなことも多かった。だからこそ、私がこの1年半を見れて良かったって、思ってる。正直、当時とは本当に別人なんだよね、Francis。私のもとで、健やかに元気に大きくなってくれたんだって思うと、すごく嬉しい。

だけど、お父さんの、今日の絶句、泣きそうな表情、途方にくれてしまいそうな目、言葉にならないよ。
子どもたちや親御さんからしたら、こんな中途半端なことはこれ以上ない。

お父さんの疑問は、私の疑問。
『私が帰った後、この子たちは、誰とどうやって勉強していく?』

お父さんの気持ちは、私の気持ち。
『またドロップアウトしてしまう・・・・。』

日本の支援って、ボランティアって、私がしてきた2年間の活動って、なんなんだろう。
決して自己満足の活動をしていたわけじゃない。やりたくないことも多少は我慢してやった。子どもたちにとって何かしらの力がつく時間に・・・って、自分なりに考えてやってきた。
だけど、続いていかなきゃ、意味がないんだよ、やっぱり。
この2年間、ずっと自問自答して、続いていかない自分の活動に意味があるのかどうか、今でも分からなくて、やっぱり意味が無かったのかもしれないって、お父さんの表情から思った。


初めの頃に、割り切ってしまったのが、いけなかったのかな。

だけど、私一人に特別支援ユニットを一任してる学校なんだもの、どうしようもないじゃん・・・。

っていう、この考えがいけなかったのかな・・・・。



と、涙しながら書いてる今日の日記ですけど、気を取り直して・・・・・
今日はみーんな集まりました!!
一人足りないけど、引っ越してしまったっぽくて、多分もう来ない気がする。
残りの3週間、このメンバーで頑張りますよ☆
DSC01228.jpg

今日の授業風景☆
DSC01215.jpg   DSC01217.jpg
スポンサーサイト
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.21(Mon) 20:19
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
10位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。