« 2017 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

昨日に続き・・・・

Francisのお父さん、今日も私を訪ねてきて・・・・

「Can you go back with my son....?」と。。。。

一瞬自分の耳を疑った。一ミリともギャグやジョークはないんだよ。
本気で、本気で、わが子の将来を危惧して、どうにか道を見つけたいと、わが子の未来が本当に曇ってしまったのだ。

お父さん、どんな思いでこれを言ったのでしょう。
かわいいわが子を手放して、見知らぬアジア人に預けてでも、その成長や可能性を願う。

日本だったら、日本だったら・・・・・

お父さんだけじゃない。私だって、みんなに対して何度そういうふうに思ったことか。もっともっと可能性が広がることは間違いない。だけど、いくらそんなことを思ったって、あの子たちが育っていかなければいけないのは、生きていかなきゃいけないのは、ウガンダなのだ。

私はどうしたって、どうがんばったって、「I can't.... I cannot....」としかいえない。

自分って、無力だって、今日もまた心の底から思ったのです。


気持ちを持ち上げるために、今日の写真をアップしましょう☆
Francisに洗濯ばさみを付けて遊びまいした。仕返しももちろんされました。
日本だったら・・・・あぁ、恐ろしい。
DSC_0014.jpg

ブレイクの後、教室をのっとられてしまったので、今日は我が家の軒先で青空授業。途中、マダムもやってきて、一緒にやってくれた。こうして最後の最後ではあるけど、興味をもってもらえて嬉しい。
DSC_0024_20120523013259.jpg    DSC_0047_20120523013258.jpg

Francis&Harriet。授業終わりに、二人で仲良く追いかけっこしてた。
昔は犬猿の仲だったのに・・・・・。今はこーんなに仲良し!
二人とも、心も体も大きくなったものです。
DSC_0055.jpg


Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.22(Tue) 19:45

切ないです。

今日、Francisnのお父さんが来て、少しお話をした。

子どもたちの親御さんに、どうにかして私が来月帰ることを伝えねば・・・・と思っていたところだったし、面と向かってお話できるチャンスが出来て嬉しかった。そして、「来月帰ります。」って、伝えたよ。

お父さん、絶句。
少しして、「It's too bad....bad.....really bad...」と。

お父さん、自分の子どもがちゃんと学校で受け入れられたのが、初めてだったんじゃないかな。初めの頃は、毎日毎日自分で子どもの送り迎えをして、たまに様子を見に来て、私に卵をおすそ分けしてくれたり。。。。
最初はこのお父さん、アルコール中毒なんじゃないかって思ってたけど、お父さんはお父さんなりに、絶対どうにかしようと思っていたと思う。Francisが来たばかりの頃は、本当に手がかかって、正直「くそー!」って思うようなことも多かった。だからこそ、私がこの1年半を見れて良かったって、思ってる。正直、当時とは本当に別人なんだよね、Francis。私のもとで、健やかに元気に大きくなってくれたんだって思うと、すごく嬉しい。

だけど、お父さんの、今日の絶句、泣きそうな表情、途方にくれてしまいそうな目、言葉にならないよ。
子どもたちや親御さんからしたら、こんな中途半端なことはこれ以上ない。

お父さんの疑問は、私の疑問。
『私が帰った後、この子たちは、誰とどうやって勉強していく?』

お父さんの気持ちは、私の気持ち。
『またドロップアウトしてしまう・・・・。』

日本の支援って、ボランティアって、私がしてきた2年間の活動って、なんなんだろう。
決して自己満足の活動をしていたわけじゃない。やりたくないことも多少は我慢してやった。子どもたちにとって何かしらの力がつく時間に・・・って、自分なりに考えてやってきた。
だけど、続いていかなきゃ、意味がないんだよ、やっぱり。
この2年間、ずっと自問自答して、続いていかない自分の活動に意味があるのかどうか、今でも分からなくて、やっぱり意味が無かったのかもしれないって、お父さんの表情から思った。


初めの頃に、割り切ってしまったのが、いけなかったのかな。

だけど、私一人に特別支援ユニットを一任してる学校なんだもの、どうしようもないじゃん・・・。

っていう、この考えがいけなかったのかな・・・・。



と、涙しながら書いてる今日の日記ですけど、気を取り直して・・・・・
今日はみーんな集まりました!!
一人足りないけど、引っ越してしまったっぽくて、多分もう来ない気がする。
残りの3週間、このメンバーで頑張りますよ☆
DSC01228.jpg

今日の授業風景☆
DSC01215.jpg   DSC01217.jpg
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.21(Mon) 20:19

Isma登場!

Isma君が今日登校してきました~!
ハリエットとのマンツー授業は昨日でおしまい。
今日から彼も一緒に3人です。

DSC01191.jpg


ハリエットとはこんな風にライティングの授業をしてます。
彼女、1年前は宇宙の言葉しかかけませんでした。なぞり書きもできませんでした。それが今、時間をかけて、名前とアルファベットのなぞり書きができるようになりました。ひとりでも一応できます。でも、私が見てないと書き順が酷いことになります・・・。
DSC01166.jpg

今日、久しぶりに会ったイスマ君とは、織物を再開です。
DSC01186.jpg

織物しながら、こんな風にふざけたり、楽しいひと時です。
DSC01187.jpg

こんな時間もあともう少し。
一日一日が、刻々と、着々と過ぎていくのです。
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.17(Thu) 20:03

はじまりました☆

さてさて、始まりました!
二学期ですよ!

しかーし。
二学期初日の昨日、私の生徒が誰一人としてきておらず・・・・・臨時休校です。

そして、今日。

DSC_0430.jpg
やっと一人、ハリエットだけが帰ってきたので、二人でマンツーマン授業。
彼女とこんなにゆったりとみっちりと関われることがとっても嬉しくて、今日一日幸せいっぱいだった。もしかしたら、もう二度とないかも・・・・なんて思いながら、こうやってちゃんと向き合ってあげられることが嬉しい。

さて、今日は前のタームの最後の最後で挑戦した洗濯ばさみを使った教材。惜しくも前学期では、私の腰痛のせいもあり活躍する場がありませんでしたが、今日、改訂版として再び登場です!

ハリエット、生まれてこの方、洗濯ばさみを使ったことがないから、どうやって使うかさっぱり分からんチンで、しかも不器用だから、手取り足取り・・・・・という形で始まりました。
DSC01165.jpg

授業の初めに2回。一日の最後にもう2回。
そうしたら、私の手取り足取りが無くても、みごとできるようになりました。
DSC_0422_20120516010619.jpg

洗濯物(もどき)と紐を一緒に掴み、洗濯ばさみを開いて、洗濯物と紐を一緒にはさむ!たいしたことない作業だけれども、子どもたちには一苦労。うまく紐を一緒にはさめなかったり、洗濯ばさみがうまく広げられなかったり、色んな要素が入っていて、単純そうでそうでもない。
初めはちんぷんかんぷんで、やる気の無かった彼女も、最後は一人でできるようになって楽しくなったのか、「もう一回」って言ってくれた。もうそれだけで嬉しい!!!!


限られた時間の中で、こうした幸せだなって思えることがあと何回あるだろう。
はやく全員と会いたい。
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.05.15(Tue) 19:19

今学期を振り返る

今学期、これだ!!!!という印象が少ない。
良いとか、悪いとか、そういうことではないのだけど、なんだかパッとしないというのが正直なところ。
それも、熱を2回も出し、腰を痛め、学校を休むことが多かったから、少し自己嫌悪なんじゃないかと思う。

それか、単調だけど、毎日の積み重ねが習慣化されて、子どもも私もやりやすく、良いペースだったのかも。

そして更に、今日、最後の通知表を子どもに渡したけれど、来ていたのはイスマだけで、他の子はなぜか来ない。というか、先週からずっとカユンガに居なかったから、子どもたちも「マミがいないから・・・・」みたいに思ったのかな。子どもたちに会って「また来学期ね!」って言えなかったから、なんだかフワっとした気持ちで学期が終わってしまったきがする。


とはいうものの、今学期は涙のスタートだった。
先生からの「7人しか」っていう発言に大ダメージを受けた。そして、私が出した結論は、二人の子を手放して新しい一人の子を見る、自分の生徒を合計7人から6人にした。で、結局、その6人のうち2人は、ほとんど学校来なくて、毎日、イスマ、フランシス、ニューカマーのナマゲンベ、そしてハリエットの4人と毎日毎日過ごすことになったんだな。

そして、本格的に織物子どもたちにやってもらった。
フランシスはみるみる上達して、私がやること見せること、全部ちゃんと吸収していってくれて、本当に嬉しかった。
DSC00804.jpg   DSC00810.jpg


イスマは一つ一つ私の支持がない織物は出来ないけど、織り機の準備も片付けも、一人で進んでやってくれるようになった。
DSC_0005.jpg


ハリエットは、まったく文字がかけなかったのが、文字をなぞれるようになった。何をなぞってるのかは分からないんだろうけど、でも、彼女のペン先から○以外のものがかけるようになったんだもん、大きな成長だと思う。
DSC_0193_20120303014237.jpg


ナマゲンベは、またしても初めはどうして良いか分からず・・・。
でも、他の隊員のやっていたことをまねしたり、アイデアを貰ったり、そうして彼女用の課題を前に提示することが出来た。
彼女には上肢を動かすための課題を。
DSC_0028.jpg   DSC_0041_20120420223705.jpg


みんなも私も、少しずつ、少しずつ、こうやって進んでいるんだよね。
子どもたちの本当にゆーっくりな成長は、モヤモヤと悶々を沢山引き起こすけれど、やっぱり、毎日が楽しかった。怒ったりもしたけれど、前に比べてずっとずっと幸せだなーって思うことが多い学期だった。

私とこの子達に残された時間はあと1ヶ月。
休みが終わったら、どんな気持ちで毎日を過ごすことになるんだろう。
Bishop Brown P.S | CM(0) | TB(0) 2012.04.20(Fri) 16:22
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
3152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
54位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。