« 2017 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

music キャラバン@セカニョニ

18日の金曜日、ミュージックキャラバンの活動で21ー3とっしーさんの学校へ行ってきた。ボディパーカッションをやったり、歌を歌ったり、リコーダーを吹いたり、そんな活動をしてきた。
練習の回数も、以前に比べて多かったと思う。毎週のようにカンパラに上がるのがちょっとしんどい隊員もいたはず。だけど、人様に見せるもの、ある程度の練習をしなきゃだめだよねって、みんなで頑張った。

リコーダー。アルプス一万尺をやりました。
DSCF2488.jpg

養護隊員のあじこがパネルシアターをしてくれました。
DSCF2510.jpg

頑張ってソーランを踊ってくれました。次回は参加したいと思います。
DSCF2460.jpg

こあらちゃんがなぎなたを披露してくれました。
くまちゃんが上手にやられてくれました。
DSC00178.jpg

若干無理やり、子どもをひっぱりこみました。
DSCF2557.jpg

日本文化紹介も少ししたので、折り紙をやりました。
母親の教会のみなさんが送ってくださった折り紙を使わせていただきました。
DSC00163.jpg


他にも他にも、きむにぃさんが空手を披露してくれたり(超かっこいい!)、アカペラ隊がアカペラしてくれたり、お面かぶって踊って子どもを泣かせてみたり・・・・楽しい時間だった!
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.11.20(Sun) 19:14

ベトナムの話。

体の調子がほどよく元気になってまいりました。
熱も、一昨日~昨日の夜中にかけてから、安定してきて、高熱をぶり返すことなく、今日を過ごしております。心配してくださった皆様、本当にありがとうございます。心から感謝してます。
何事もお互い様だと、言ってくれる周りの皆さんに、本当に救われました。こうやってこんな私を大切にしくださる皆さんを、もっともっと、大切にしていきたいと痛感しているここ数日です。

さて、体調も良くなって、PCやら読書やらができるようになって。
つれつれと日記のような、つぶやきのようなものを書きたくなりました。
親も見ている、そんなブログで、こんなことを書くのは恥ずかしいことこの上ないのですが、なんとなく書きたくなったので、つれつれと綴ってみようかな、なーんて思った次第です。

というのも、先輩から借りた本で、女性の一人旅の本を読んでいるのですが、思い出深いベトナムが沢山出てくるのです。

そう、ベトナムと言えば・・・・・

数年前、今よりも少し若かった私が、恋に右往左往した、そんな甘酸っぱい思い出が沢山ある旅の場所なのです。
1回目はハノイ以北への一人旅。
(手元に数年前の写真が無かったから、数年前に使ってたflicker参照してください 笑)
http://www.flickr.com/photos/mami-album/2989778609/

http://www.flickr.com/photos/mami-album/2990629572/


2回目はホーチミン以南への二人旅。
DSC_0021.jpg   DSC_0118_20111105211422.jpg




本を読みながら、出会った成田空港のチェックインカウンターや、待ち合わせをした教会や、一緒に飲んだコーヒーやら、一緒に飲んだビールやら、一緒に食べたご飯やら、一緒に乗ったバイクやら、一緒に見た蛍やら、そんな色々な情景が浮かんできたわけだ。

懐かしくて、ほっこりするような、なんだかウルっと涙が出てくるような、あぁ、私も若かった。とつぶやいてみたり(笑)
思い出しても、嫌な気持ちは全然しない。むしろほわっと、クスッとちょっとだけ笑える、そんな感じ。
そして、またああやって一人気ままに、そして誰かと二人でのほほんと旅行に行きたい、そんな気持ちになる。

そんなこんなで、ちょっと照れてしまうようなことを書きたくなった。でも、そう思うと、一人旅なんて、今後、人生ですることもなくなるのかもしれないなーと、そんなふうに思ったり。

そんな、とりとめのない思い出にふけってしまう、そんなカンパラ休養生活4日目。ただただ、暇なんですね、本当に(苦笑)
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.11.05(Sat) 15:18

気持ちもぽこ・あ・ぽこ

今日(実際は明日なのかな?)は祖父の初七日です。
日本では、おばあちゃんの家でみんなで集まって初七日のお食事会をするそうです。

私はというと、昨日あたりから心が落ち着いてきまして、だいぶ元気になりました。
受け止めきれたかというと、そうでもないのが正直なところだけれど、週の前半に比べて、比較にならないほど心が安定していて、きちんと向き合える日々が送れている、そんな感じです。

今日、手紙を書きました。この後、郵便局へ出しにいくのだけど、おばあちゃんへの手紙の宛名、どうしていいか分からなくて、かけないかと思ったけど、きちんと現実に向き合うために、書きました。そうしたら、心の整理の第一歩というか、そんな感じですーっと心が軽くなった。
認めたくない気持ちと認めなきゃいけない気持ちと、ずいぶん葛藤したけど、実際書いてみたら、腑に落ちたというか、自然と受け止められた自分がいた。

こうやって、少しずつ気持ちの整理ってしていくものなんだろうなって、思えた。
気持ちもぽこ・あ・ぽこで、進んでいくのです。



さてさて、、現在友達のかで&ぐりこ夫婦がウガンダへ遊びにきてくれているのです!
http://blog.goo.ne.jp/daitinotabi
今から、2010年1月のカンボジア以来、1年半ぶりの再会!!
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.09.17(Sat) 10:05

ありがとう。

いろんなことに感謝の気持ちでいっぱいです。

まず、家族のみんな。
私が日本へ帰るのを待って、おじちゃんへの鎮痛剤投与の時期を考えてくれてた。鎮痛剤を使うことで意識レベルが下がる・・・私がおじいちゃんと話せるようにって、鎮痛剤を使うのをずっと待っててくれたんだよね。おじいちゃん、我慢させてしまったかな。でも、最後におじいちゃんと話ができた真実は幸せです。
ブログに書いたおじいちゃんへの手紙、お兄ちゃんがたまたま?見つけてくれたみたいで、告別式でお母さんが読んでくれたって。おじいちゃんにちゃんと届いたかな。届いてくれてるといいな。
お葬式と告別式でのおじいちゃんの写真は、昨年の6月、出発前日におじいちゃんとおばあちゃんの家に行ったとき、最後に3人で撮った写真を使ってくれたんだって。1枚目をとったとき、「入れ歯入れてない!」って言って、入れ歯を入れに戻ってもう一枚撮ったやつ。今思えば、入れ歯を入れに戻ったからこそ、この写真が使われたのかもしれないねぇ。涙がほろほろ落ちてくる一方で、ちょっとクスッと笑ってしまった。
他にも、私には見えないところで、多忙の中、私のことを忘れないでいてくれている。そんな心使いに感謝せずにはいられません。本当にありがとう。

そして、学校の先生。
月曜日、朝どうしても気分が優れなくて(そのときはマラリアの薬のせいで気持ち悪いだけだと思ってた・・・)、おじいちゃんが亡くなったこともあって、お休みさせて欲しいってお願いした。そしたら、一通り終わるまで家で休みなさいと、教頭先生。他の先生も、今週いっぱい休んでいいんだよって。そんなこんな、昨日の午後、熱がぐんぐん上がりまして、ウガンダに来て初めて38度を越える熱を出しましてん。体が丈夫で、それが自慢だったのに、ちょっとびっくり。
明日まで少しお休みをいただいて、木曜日から復帰しようと思います。
先生たちが、無理しないで休みなさいって言ってくれる。そんな環境にいられる自分がとても幸せです。

そして、そして、ウガンダ隊員のみなさん。
体調不良を聞きつけて、メールやら電話やら、本当にありがとう。
いつも元気な私でも、こんな日もあるみたい。一人で発熱って、本当に思ってた以上にしんどいね。でも、マラリアはネガティブだったので、安心してください。熱ももう下がりました。


この数日、本当にみんなにありがとうの気持ちでいっぱいです。
一人で住んでいても、いつもみんなに支えられているんだね。
一人じゃないんだって、痛感しました。
ありがとう。
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.09.13(Tue) 19:23

おじいちゃんへ

1年と少し前、後悔することがあるとしたらこういう日を迎えることだって心から思ったんだよ。あの時は、間違ってもこんなふうな日がくるなんて思っていなかったし、ウガンダから日本へ帰って、また元気に笑って会えると思ってた。こうしてこれを書いている今ですら、本当は信じたくない気持ちでいっぱいです。

私は、ちゃんとおじいちゃん孝行ができていたかな。もっともっと一緒に過ごす時間が沢山作れたんじゃないかって、今になって思う。あんなに近くに住んでいたのに、足を沢山運ばなかった自分にがっかりしたりしてる。

小さかった頃、おじいちゃんに抱かれた私はどんな顔をしていたんだろうね。そして私を抱っこしてくれたおじちゃんも、どんな顔をしていたんだろうね。おじいちゃんの自転車の後ろにのって沢山出かけたのも、よく覚えてるよ。いつも荷台に座布団ひいてくれてたよね。歯磨きはちゃんとしなさいって、小さいとき泊まりにいったらよく言われたね。焼き魚の骨や頭をお酒に入れて飲んで、ぼりぼり食べていたのもよーく覚えてるよ。
小さい小さい思い出が沢山あるよ。もう覚えていられない位沢山あって、記憶の隅っこのほうに重なってただけなんだけど、今はそんな思い出が溢れてとまりません。とても暖かい気持ちになるのと同時に、悲しい気持ちでいっぱいになる。

日本へ一時帰国することを決めたときから、この日がくることを覚悟していたけど、覚悟はただの覚悟であって、その意味や気持ちを自分の中で消化することがまだまだできそうにないかな。
だけど、自分でここにいることを選んだから、ちゃんとこの自分の気持ちに向き合って、この後悔に負けないように、真実は精一杯ここで頑張る。明日も明後日もその次の日も、任期が終わるまで、ウガンダの子どもと笑顔で授業をするよ。

残りの任期中、おばあちゃんに手紙を書くとき、宛名をどうしたらいいか正直分からないよ。おじちゃんにも読んでほしいから、また手紙を書いてしまうような気がするよ。

お見送りに行けなくて、ごめんね。
27年間、かわいがってくれてありがとう。心から感謝しています。
来年の6月、日本へ帰ったら、元気で帰ってきたことを報告しに行くからね。
その他@Uganda | CM(0) | TB(0) 2011.09.11(Sun) 19:46
copyright © ぽこ・あ・ぽこ~ウガンダからのエアメール~ all rights reserved.

I'm in uganda!

タイムカウンター

プロフィール

ポコ

Author:ポコ
FC2ブログへようこそ!

6月下旬から青年海外協力隊の養護隊員として2年間ウガンダへきています!Kayunga県Kayunga, Namagabi Bishop Brown Primary schoo, special needs classで活動中!

好きなことは、お裁縫・写真・旅行。
好きになりたいことは、読書、勉強。

ウガンダでの日々の様子を記録していきます。私の生存確認の意味をこめて!

最新画像

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
3250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフリカ
58位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。